気になるアンチエイジング 気になるアンチエイジング
This is an example of a HTML caption with a link.

美人は、服で決まる。エレガントになるためのレディースファッションについて

気になる肌

肌が老化するしくみ

肌が老ける原因として、4つの要素が考えられます。
まず一つ目。最も大きな要因なのが肌の乾燥です。
もう一つは、皮膚の菲薄化です。
他にも紫外線や細胞の酸化がお肌を老けさせる要因となっているのです。

■肌の乾燥による老化
人間の肌は、20歳前後を境に衰え始めるといわれています。
その要因の一つが乾燥で、肌の乾燥は角質層のバリア機能が低下してしまうことで引き起こされています。
角質層は、皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの物質でバリア機能を保っています。この機能によって、紫外線からのダメージが皮膚の深層部にまで及ぶのを防いだり、ウイルスや細菌から肌を守ったり、肌の水分が蒸発しないようになっているのです。
しかし、年齢を重ねていくに連れ、皮脂膜となるべき皮脂の分泌量は減少していきます。環境や体質によって人によって異なりますが、特に女性の場合には、20歳をピークに皮脂量はどんどん減っていくのです。
また、天然保湿因子(NMF)の量も加齢とともに減少します。天然保湿因子とは、アミノ酸や乳酸、尿素、クエン酸などからできている物質で、水分を逃がさないようにする働きをしています。つまり、肌表面の水分は、この天然保湿因子のお陰で守られているのです。
ですから、天然保湿因子の量が低下することによって、肌の表面の水分が少なくなり、乾燥するようになってしまいます。
もう一つのバリア機能である角質細胞間脂質も、加齢とともに減少していきます。
角質細胞間脂質の主な成分はセラミドです。セラミドがその他の脂質とともに保水機能を担っています。また、外部からの刺激から皮膚を守る役割もしているため、角質細胞間脂質が減少すると、刺激やウイルスに対する抵抗力も弱まってしまうのです。
このように、肌のバリア機能が低下することにより、肌は水分不足となり、外部からの刺激にも弱い状態になってしまいます。また、紫外線の影響も受けやすくなり、ダメージをダイレクトに受けることになるのです。バリア機能の低下の原因は、加齢だけではありません。喫煙や飲酒、睡眠不足、ストレス、生活習慣の乱れ、栄養不足などによっても生じやすくなります。

■皮膚の菲薄化
加齢と共に、女性ホルモンエストロゲンの生成量は減少していきます。このホルモンは、通称「キレイのためのホルモン」とも呼ばれています。そして、このホルモンの分泌のお陰で、肌にツヤが生まれたり女性らしい身体のラインが形成されるともいわれています。
ですから、エストロゲンの生成量が減少していくことで、その影響が肌にも現れるようになるのです。具体的には、真皮層でのコラーゲンやエラスチンの生成能力に影響を与えます。エストロゲンの現象により、コラーゲンやエラスチンの生成ができにくくなり、その結果肌のハリやツヤが失われてしまうのです。また、ターンオーバーも乱れやすくなるため、新しい肌細胞が生まれにくくなり、皮膚は菲薄化していきます。

■紫外線の影響
紫外線は、お肌に百害あって一利なし。これは多くの人がご存知のことだと思います。紫外線を浴びると、肌細胞はどんどんダメージを受けてしまいます。メラニンが溜まっていくことでシミやくすみが肌にできるようにもなります。特に、年齢を重ねた肌は、バリア機能が低下しているため、紫外線の影響をもろに受けるようになっています。

■細胞の酸化
アンチエイジングの大敵といわれているのが活性酸素という物質です。活性酸素は体内に吸収された酸素の一部が他の物質と結び付けずに変化したものです。体内を暴れ回り、健康な細胞を傷つけ、酸化させてしまうのです。そして、細胞の酸化は肌の老化を引き起こす大きな原因となります。
活性酸素が増えることで、肌細胞の酸化が進み、その影響が表皮にシミやシワ、くすみ、ごわつき、たるみなどという症状となって現れるのです。

このように、肌が老化する原因は様々あるのです。アンチエイジングケアで若返りを目指すのであれば、これらの事態を防ぐための対策を考えていきましょう。

  • アンチエイジングで美容の悩みに解決したいならこちら。悩みに合わせて評判の良い美容外科を紹介しているので参考にしてみましょう。

PAGE TOP